心の汗

このところ、イベントが続き、イベントの立案(は全然苦にならないんです〜。)→企画(金銭面を決めるのが一番嫌いです。)→告知用の印刷物のデザイン→製作→発送作業(11月分発送の時から強力な助っ人(別のページで紹介します。)「折り姫」ちゃん登場!!+クロネコメール便を採用してみました。)→webページの制作→公開→メールマガジン発送→予約電話受付→現場の清掃など準備→実施→後片付け・・・というのが延々と続き、続く現場のあれこれは慣れてくる反面、色々とやり方を変えないといけないことが見えて来たりして、エイヤ!で懸案の(念願の?)「友の会」をスタートさせたり、webページを益々充実させるべく前々から思っていたことを色々形に変えようともがいていると、一つ一つのことを終えた時の喜び、一つ一つのことを終える度に感じる反省からなるブルーが常に心や頭の中にあり、本来寝食を忘れてキリがつくまで没頭したいタイプなので、「夕食の買い出し→支度」や「朝から回しておいたのにまだできていない洗濯物干し」「それらのことをやりつつ最低限の?母親業・主婦業をしつつもぶっ倒れないための入眠」のタイムリミットが迫ってくると、「仕事人としてあるべき姿→間髪入れずに報告、すぐにお礼状や電話」「でも、無理しなくってもいいんちゃうん?」「それって甘えでは?」等々の思いが交錯し、それに昼抜きの空腹、立ったまま寝そうな睡眠不足が加わると、それらが決してただ「嫌々」な行為ではないにも拘らず、また完成途上でダイニングテーブルの上のノートパソコンや周辺機器を片付けて、家事モードに入った途端、無性に泣きたくなることがしばしばだ。
ただ、かつての青春ドラマ(!!)の主題歌にあるように、どうも「涙は心の汗」なようで、そんな時は泣いてしまうと、とってもスカっと次にいけることを最近発見。
時には心の汗を流すのもおすすめかも・・・です。
[PR]
# by yukilaneige | 2004-10-28 16:15