2005年、年頭にあたって。

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

この12月はこれまで40度の熱があっても仕事を休んだことがない等々のエピソードが“誇り”の旦那がよりによってコンサート当日の朝に体調を崩し、状況の読みが外れ、ぎりっぎり間に合ってコンサートが開けたり、その後も怒濤の三ヶ月の最終月ということで性質の違う仕事が続き、多目的スペース・ラ・ネージュが多目的であるのは自力で模様替えをするからなのですが、今回は男手には殆ど期待できない中、何とか日頃摩耶+ベビーカー抱っこで鍛えた腕っぷしが役に立ち、陶器の展覧会の為の机の運び出し、着付け教室の為の茶室の運び出しなど何とか自分で終え、その間にも深夜に救急車を呼んで病院まで付き合ったり、早朝に救急外来に送っていったりしながら何とか仕事を終えるや否や、本来はそこからこの一年を振り返り…と思っていたのに、子供達へのクリスマスプレゼントの調達→クリスマス。それを終えたと思ったら年賀状の原稿作り。それを終える頃に旦那も徐々に復活してきたので、子供達に伝える為に・・と約束していたので生涯ほとんど初のおせち料理作りなどに取り組みつつもぼちぼちと年賀状を書き、迎えた元旦、初詣に行った近くの神社で滅茶苦茶冷えた後、クリスマス頃から子供達が順々にひいていた風邪が顕在化。いきなり寝込んでしまいました。

なので、新年のご挨拶が今になってしまいましたこと、お許し下さいませ。

苦労自慢のようになってしまいましたが、このように書いてみて思うことは、きっと私だけでなく、皆さんもそれぞれ色々なことを抱えながらお仕事されているんだろうなあ〜〜ということ。
そして、プライベートで色々なことを抱えながらの仕事は辛くもあるけど、それがあるから気分転換して何とかやっていける…という側面もあるのだな、ということ、などなどを改めて思いました。
今年もきっと色々なことがあると思いますが、後になったら笑って話せるようになるよう、一所懸命で乗り越えて行きましょう。(>_<)!と思う時、愚痴をぶちまけることもあるかもしれませんが、どうぞよろしく。また、私も意外と色々なことを乗り越えて来たので?(>_<)!と思われた時には遠慮なく愚痴をこぼしてください。アドバイスができるかどうかは?ですが、聴くことはできます。
それでは、よい一年になるように、前向きに行ってみましょう!!
[PR]
# by yukilaneige | 2005-01-06 17:29