<   2005年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

実は初釜がありました

面(おもて)でチラッと触れていたのですが、実は、1月23日に、ラ・ネージュ初の、実験的な初釜をしました。
初釜・・と言っても、ご挨拶方々お誘いすべく、茶人でもある唯識の吉村さんにお電話して、構想をお話ししたところ、「それは、初釜というより、釜も掛けるラ・ネージュらしい新年会ですねえ〜〜」と、喝破されてしまった(図星でございます・・が・・。)ようなものであったのですが。
以前から、組立式茶室の存在を知る方からは、「お茶会やっても面白いよね〜。」と言われていたのですが、なんせ、あの茶室、こちらの依頼を反映していず、重たくて、例えば私一人ではとても運べるようなものではないんです(が、着付けの時のことに触れたように、火事場の馬鹿力で旦那の援助が受けられないと決まった時は、何とか倉庫からラ・ネージュまで一人で運んで来られましたが、二度としたくない!です〜〜。)。それで、これまでは、私自身いつかは・・と思いつつ、先延ばしにして来たのですが、密かに私が鬼コーチと思っている、旦那が、昨秋から、年明け、2月まで何もないんだったら初釜やってみたら?と提案。これまでのこともあり、ラ・ネージュらしくやってみよう!と、すぐさまラ・ネージュに公式には未登場の箏の麻植さんにご紹介いただいたばかりの日本胡弓の木場大輔さんと、麻植さんのスケジュールを抑えさせていただき、その機に乗じて・・と、これまた自分の中で懸案だった着付けworkshopの日程を決め募集・開催・・、近くの老舗、駿河屋さんにお菓子をたのみ、点心席の代わりに、魚三楼さんの花籠御膳と和醸の会の井上さんのお勧めの嘉美心のしずく酒で夜、打ち上げを・・というところまでは、割合トントン・・と企画が進んだのですが、さて、一回5人がいいところのお茶席に人が入ってる間、待っている人は?誰がお茶を点てるの?室礼は・・等等と考え出すと、しばらく行き詰まり、結局、2階の茶室のお薄席の他に、一階カウンター席をお濃茶席ならぬ、エスプレッソコーヒー席、テーブルに書き初め席(というより今年の抱負表明席)を設け、その3席を出演者の皆さんも含めて回っていただいた後、茶室の設定を変え、胡弓と箏のミニコンサート、そして、最後に全員で(これも偶然思いつき、前からラ・ネージュでいつかは・・と思っていたもので、お家元に連絡してみたところ、奇跡的にスケジュールが空いていらっしゃってOKとなった。)投扇興に興じ、花籠御膳とお酒で打ち上げ・・という未体験の形となりました。
企画した私も、お手伝いを申し出て下さる方も、出演者の方も、今回初めて再ブームのたまごっち(実は品切れでまだ入手できていない。そのうちブームが去りそう??)をバイト代にすることを条件に、スタッフとして持ち場を任せた子供達も、言い出しっぺで茶室設営係の旦那もよろずサポートの母も、そのように一家総出でありながらもぶっつけ本番で、だ〜〜れも体験したことのないことだったので、段取りが狂いっぱなしではありましたが、みなさんの機転で何とか楽しい場にすることができ、感謝、感謝!!です。
この経験から得た様々を、今後に生かしていきたいと思っています。
どうぞ、お楽しみに♪
[PR]
by yukilaneige | 2005-02-01 16:03